ホーム >

あゆみわくわく通信


トピックス
小鳩保育園
長田野保育園
あゆみ保育園

わくわく通信バックナンバー

あゆみわくわく通信

 
 第176号 
2012年10月20日発行
社会福祉法人 小鳩保育園
あゆみ保育園地域子育て支援センター
住所:福知山市東堀2074番地-2
TEL:0773(24)2116
あゆみ保育園地域子育て支援センターは、子育て中の方が話し合い、育て合える場所としてご利用いただく所です。
気軽に遊びに来てください。

11月の行事

ごっこ遊び
『お好み焼き&たこ焼き屋さんごっこ』
  11月29日(木)  あゆみ保育園
  11月30日(金)  長田野保育園
    いずれも
10:00〜11:00
大ホール
   
参加希望の方は、申し込み専用電話 24-2116で受け付けます。
10月31日(水)、11月1日(木)10時〜12時の先着順で、2組分申し込み可能です。
尚、定員になり次第締切りとさせていただきます。
※行事の日は園庭開放はお休みです。

 

◆◆ おしらせ ◆◆

園庭開放休園日
11月 7日(水) 
あゆみ保育園

 
 

薄着の大切さ

肌寒くなって来ると風邪を引かせないようにという思いから、つい厚着がちになります。しかし、厚着にすると体温調節の機能が働きません。

子どもは新陳代謝が活発で皮下脂肪が厚いので、大人より体温が高くすぐ汗を掻いてしまいます。汗を掻いたままでいると逆に風邪を引く原因になってしまうのです。

そこで、衣服は大人より一枚少なめが目安になります。
 
身体の冷えから来る風邪は、気温の変化に順応出来ず、抵抗力が落ちて引いてしまうもので厚着をしたから防げるものではありません。まず、薄着で皮膚を鍛えましょう。特に、小さな子どもは皮膚の感覚機能が未発達なので、薄着になることで暑い時は熱を発散させ、寒い時には発散を防いだりする機能が育ちます。皮膚が強くなって体温調節が上手に働くようになります。 

寒くなって急に薄着生活をスタートさせると体調を崩し身体がついていきません。季節に合わせ、自然な形で移行し少しずつ進めていきましょう。
薄着で健康な身体作りを始めましょう。





 
育てよう、観察してみよう
水栽培
土の代わりに水で育てる方法を水栽培といいます。

球根は栄養を貯えているので、水だけで育つことが出来ます。
水栽培が出来る球根は、ヒヤシンス、クロッカス、サフラン、ムスカリがあります。 


育て方は、水栽培容器に球根の底がわずかに触れる程度の水を入れ、球根を乗せます。根が伸び出す迄、黒い紙を巻くか冷暗所に置き、根が伸びて来たら少しずつ水を減らし球根の底には水が付かないようにしましょう。
根が十分伸びた頃、黒い紙を外し明るい所に置きます。

水換えは一週間に一回程度、白っぽくなったら換えましょう。
 
 




一緒に遊ぼう!

― 秋を楽しもう ―

入れ物を持って、自然物を集めに出掛けましょう
★マツボックリの剣玉
@ 紙コップに好きな絵をマジックで描く
A 集めたマツボックリに、たこ糸30cm位を結び付け、紙コップに繋げる。紙コップ側のたこ糸は一度固結びをしてこぶを作りホッチキスで留めた上を布ガムテープでしっかり留める
 
★ドングリごま
@ ドングリのかくと(帽子)を取り千枚通しで穴を空ける
A 爪楊枝を半分に切り、穴に差し込む
 
 
 
散歩で秋を見付け、室内で制作、そして出来上がったおもちゃで遊んでみましょう。
 
 




衣服の目安
新生児〜2ヵ月   大人より1枚多く
生後6ヵ月迄   大人と同じ枚数
生後6ヵ月以上   大人より1枚少なく
 
※お腹や首を冷やすと全身が冷えます  
下着のシャツ(綿100%)は丈の長い物
衣服は襟付きの物にしましょう

    〒620-0042 京都府福知山市北本町2区62番地    TEL 0773(22)3207   アクセスマップ
    〒620-0816 京都府福知山市大池坂町8番地   TEL 0773(27)4840   アクセスマップ
  あゆみ保育園   〒620-0882 京都府福知山市東堀2074番地-2   TEL 0773(22)1723   アクセスマップ

Copyright (C) KOBATO Nursery school All Rights Reserved.