ホーム >

あゆみわくわく通信


トピックス
小鳩保育園
長田野保育園
あゆみ保育園

わくわく通信バックナンバー

あゆみわくわく通信

 
 第221号 
2016年7月20日発行
社会福祉法人 小鳩保育園
あゆみ保育園地域子育て支援センター
住所:福知山市東堀2074番地-2
TEL:0773(24)2116

あゆみ保育園地域子育て支援センターは、子育て中の方が話し合い、育て合える

場所としてご利用いただく所です。気軽に遊びに来てください。

ame-kuma
 
 
osirase
園庭開放休園日

 

8月8日(月)〜8月26日(金)

asobi
 
 
前回の支援行事

センター行事『自由遊び』
 

6月15日(水) あゆみ保育園

          保護者11名 子ども12名参加
    
  boo-boo
  『自由遊び・ブロック 積み木 ひも通し』
  inai
  『大型絵本・たまごをこんこんこん』
 
 

  sakka  
 

いよいよ夏本番!水遊びの季節到来です。

子どもは水遊びをはじめ砂や泥んこ遊びが大好き。  

 
     
 

 子どもの遊びの中で『感覚遊び』があります。

 これは五感を使って遊ぶことで

・視覚 目で見ること

・聴覚 音を聞くこと

・臭覚 嗅いでみること

・触覚 触れてみること

・味覚 口にして味わうこと

 によって様々な情報を得ることが出来、認識を深めていきます。

 

 水遊びは五感を使う大切な遊びです。

 乳児期は蛇口から流れる水を眺めたり(視覚)、

 蛇口をひねって触ったり(触覚)、飲んでみたり(味覚)、

 幼児期には水たまりに入ってバチャバチャしたり(聴覚)、

 濡れることもおかまいなしで夢中になります。

 
  daruma-kaminari  
 

 水の感触を楽しむ1才児

 流れる水を眺めたりパチャパチャ手で水面をたたいたり

 
     
 

 水に対して「楽しい」と感じると共に 「気持ちいい」と感じることも大切です。

 何故なら 水との関わりは生活になくてはならないものだからです。

・手洗い

・歯磨き

・お風呂

・喉の渇きを潤す など

 

 水の持つ性質が子どもに快適さを感じさせ精神面や感覚に

 影響を与えると言われています。

 水や土の大切さ、自然の偉大さを感じ、豊かに育つには

 水遊びや泥んこ遊びが大切です。

 又、水遊びは全身を動かすことで子どもの心や体の健全な成長にとって有効で、

 脳や身体の発達に重要な役割を持っているのです。

 
  kako  
 

 ペットボトルで思い思いに遊ぶ2才児

 容器に水を入れたりかけたり顔に水がかかっても平気な子どももいます

 
     
 

 水遊びを通して水の楽しさを伝える為には

・大人も一緒に楽しむ

・スキンシップを大切にする

 つまり、水遊びをしている子どもを見守るだけではなく、

 一緒に水で遊び楽しむことです。

 子どものもつ感性や遊びに対する想像力を伸ばし、

 親子のスキンシップもとれる最適な遊びといえます。

 

 夏の太陽の元で子どもが五感をフルに使い、

 水遊びから色々な体験が出来るよう一緒に遊び、

 そして、安全に遊べるように見守りましょう。

 
   
 

 ダイナミックに水遊びを楽しむ5才児

 水中に潜ったり勢いよく水を掛け合ったり潜水したり泳いだり

 
     

 
 
  小鳩保育園   〒620-0042 京都府福知山市北本町2区62番地    TEL 0773(22)3207   アクセスマップ
  長田野保育園   〒620-0816 京都府福知山市大池坂町8番地   TEL 0773(27)4840   アクセスマップ
  あゆみ保育園   〒620-0882 京都府福知山市東堀2074番地-2   TEL 0773(22)1723   アクセスマップ

Copyright (C) KOBATO Nursery school All Rights Reserved.