ホーム >

あゆみわくわく通信


トピックス
小鳩保育園
長田野保育園
あゆみ保育園

わくわく通信バックナンバー

あゆみわくわく通信

 
 第224号 
2016年10月20日発行
社会福祉法人 小鳩保育園
あゆみ保育園地域子育て支援センター
住所:福知山市東堀2074番地-2
TEL:0773(24)2116

あゆみ保育園地域子育て支援センターは、子育て中の方が話し合い、育て合える

場所としてご利用いただく所です。気軽に遊びに来てください。

ame-kuma
 
 
osirase
センター行事

『レストランごっこ』
 

11月8日(火)

asobi
   10:00〜11:00
    あゆみ保育園(室内)
   
 

申し込み10月24日(月)〜

 

定員になり次第締め切り

 

専用電話24-2116

 

2組分迄申し込み可能

 
 ※行事日は行事終了後も含め園庭開放休園です。
 
 
前回の支援行事

センター行事 『お月見会』
 

9月14日(水) あゆみ保育園

 
          保護者 10名 子ども 13名参加
    
  boo-boo
  『紙芝居 たぬきときつねのつきみだんご』
   
  inai
  『親子で楽しく制作遊び』
   
 
 
 
わくわくBOX
 
-七五三-

 

11月15日に子どもの成長を祝い、これからの健やかな成長を祈る節目の儀式、

晴れ着を着て神社やお寺に詣でます。

 

男児…三歳 五歳

女児…三歳 七歳

 

乳幼児の死亡率が高かった昔は「七歳迄は神の子」と言われ、

七歳になって初めて人間の世界の一員となることとなり

・髪置・袴着・帯解の儀式が七五三として定着しました。

 

髪置(かみおき)…三歳の11月吉日から髪を伸ばし始める儀式

袴着(はかまぎ)…男児五歳の11月吉日に袴をつける儀式

帯解(おびとき)…女児七歳の11月吉日に帯を締める儀式

 

七五三が11月15日となった理由は諸説ありますが徳川将軍家の袴着の儀式が

行われた日が11月15日だったからだそうです。

江戸三代将軍・家光が後の五代将軍・綱吉の病弱な幼少期を心配し

袴着の儀式をこの日に行い、その後、世間でも行われるようになったと言われています。

753
 

千歳飴は江戸時代、浅草の飴屋が売り出したのが始まりだそうで、

子どもの成長と長寿を祈り「長くのびる」とおめでたい

紅白の長い棒状の飴を縁起の良い鶴亀・寿・松竹梅の絵柄の描かれた袋に入っています。

titose

晴れ着の記念撮影だけではなく、子どもの成長を喜び

無事に育ったことに感謝をして神社やお寺に詣でましょう。

 
 


 

 

  小鳩保育園   〒620-0042 京都府福知山市北本町2区62番地    TEL 0773(22)3207   アクセスマップ
  長田野保育園   〒620-0816 京都府福知山市大池坂町8番地   TEL 0773(27)4840   アクセスマップ
  あゆみ保育園   〒620-0882 京都府福知山市東堀2074番地-2   TEL 0773(22)1723   アクセスマップ

Copyright (C) KOBATO Nursery school All Rights Reserved.