ホーム >

あゆみわくわく通信


トピックス
小鳩保育園
長田野保育園
あゆみ保育園

わくわく通信バックナンバー

あゆみわくわく通信

 
 第238号 
2017年12月20日発行
社会福祉法人 小鳩保育園
あゆみ保育園地域子育て支援センター
住所:福知山市東堀2074番地-2
TEL:0773(24)2116

あゆみ保育園地域子育て支援センターは、子育て中の方が話し合い、育て合える

場所としてご利用いただく所です。気軽に遊びに来てください。

boots
 
今後の支援センター行事

 

 2月14日(水)  パズル遊び

 

 
 
osirase
 

usagi園庭開放休園日
 12月18日(月)〜2月5日(月)
 
※行事日は行事終了後も含め園庭開放休園です。
 
 
前回の支援行事

センター行事 『シール遊び』
 

11月9日(木) あゆみ保育園  室内

          保護者9名 子ども9名参加
    
  seal
  『シール遊び』
  big-book
  『大型絵本 サンドイッチ サンドイッチ』
 
 

  風邪・インフルエンザ予防 A  
 

風邪やインフルエンザが流行るこの時期、

子どもは大人よりも体力が低い為に感染すると

体重低下や症状の重症化に繋がってしまいます。

風邪は抵抗力の低下、免疫力の低下、栄養の偏り、

疲労などから菌が体内で増殖して発症します。

普段の食事で風邪予防に効果的な食材を積極的に食べることで、

抵抗力や免疫力がアップします。

 

抵抗力や免疫力を高める栄養素

◎たんぱく質

 体力の維持や回復に必要な栄養素です。

 体全体の抵抗力がアップするのでウイルス感染を防ぐことが出来ます。

 

・たんぱく質を多く含む食材

 肉類(鶏肉・豚肉・牛肉)

 魚介類

 大豆製品

 乳製品

 

◎ビタミンC

 免疫力アップやウイルス感染を防ぐことが出来ます。

 ウイルスに感染した際、炎症が起こる前に撃退出来るので

 摂取しておきたい栄養素です。

 

・ビタミンCを多く含む食材

 果物類(いちご・アセロラ・ミカン・キウイなど)

 野菜類(ブロッコリー・ホウレンソウ・ピーマンなど)

 
  kiwi  
 

◎ビタミンA (βカロテン)

 粘膜を保護してウイルスの侵入を防ぐことが出来ます。

 細胞の抵抗力を高めてくれる栄養素です。

 

・ビタミンA(βカロテン)を多く含む食材

 野菜類(ニンジン・かぼちゃ・モロヘイヤ)

 レバー

 卵

 
  squash  
 

◎腸内細菌を増やす食べ物

 発酵食品(ヨーグルト・納豆)

 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は免疫力アップに繋がり、

 腸内環境の改善に効果があります。

 免疫細胞の6割は腸内に生息し、乳酸菌の摂取により

 免疫細胞は活性化し免疫力が高まります。

 

体を温める食材

 体を温める食材を積極的に食べることで血流が良くなり、

 ウイルスを撃退出来る体を保つことが出来ます。

 野菜類(さつまいも・かぼちゃ・玉ねぎ)

 肉類(鶏肉・レバー) しょうがやニンニクも体を温める食材です。

 料理に使ってみましょう。

 
  onion  
 

体を冷やす食材、冷たい飲み物の摂り過ぎには注意をしましょう。

たんぱく質・ビタミンC・ビタミンAの食材をバランス良く摂ると共に、
1日3食の食事をしっかり食べることが大切です。

 
  eat  
 

水分補給

口や鼻の粘膜が乾燥するとウイルスを撃退する働きが弱くなり

風邪を引き易くなってしまいます。

乾いた咳は風邪の引きはじめのサインです。

水分で気道の乾燥を改善すれば悪化せずに良くなる こともあります。

乾燥を防ぐ為にも水分補給が大切です。

 

1日700mlは水分補給出来るように心掛けましょう。

ジュースやスポーツ飲料は糖分を含み虫歯のリスクがあるだけではなく、

気道を潤すことにも適していません。

水分補給には水やお茶が適しています。

体を冷やさないように常温や温かいお茶を飲みましょう。

夏は発汗の為、こまめな水分補給を心掛けますが、

空気の乾燥する冬も水分補給は大切です。

水分補給を意識して、外出時にも飲み物を持参しましょう。

 
 

体温調節

寒さが厳しくなり、つい厚着をさせてしまいがちですが、

日中は気温が上がり汗を掻き、そのままにして時間が経つと冷たくなり

体が冷えてしまい風邪の原因になります。

厚着をさせずに、羽織る物で調節をしましょう。

服装の目安は大人より1枚少なくです。

 

乾燥対策

飛沫感染予防には室内の乾燥対策と換気が大切です。

子どもは口呼吸が多く加湿は重要で、

睡眠時に部屋を加湿することは予防に繋がります。

インフルエンザの原因となるウイルスは乾燥と低温を好み、

気温15℃湿度50%以下で繁殖し易くなります。

乾燥を防ぐには室温20℃~23℃・、湿度50%に調整をし、

定期的に換気をすることが大切です。

部屋が乾燥している場合は加湿器を利用し

湿度を50%に保つようにしても良いでしょう。

加湿器が無い場合は洗濯物を部屋干したり、

濡れタオルを干したりしても効果があります。

 

毎日の食事、水分補給、乾燥対策で風邪を引かない 強い体を育て、

環境整備で風邪予防に取り組みましょう。

 
  samuke  
 

2017年もあと数日です。

元気に2018年を迎えることが出来るように、

風邪・インフルエンザ予防に努めましょう

 

 
 
 
  小鳩保育園   〒620-0042 京都府福知山市北本町2区62番地    TEL 0773(22)3207   アクセスマップ
  長田野保育園   〒620-0816 京都府福知山市大池坂町8番地   TEL 0773(27)4840   アクセスマップ
  あゆみ保育園   〒620-0882 京都府福知山市東堀2074番地-2   TEL 0773(22)1723   アクセスマップ

Copyright (C) KOBATO Nursery school All Rights Reserved.